TAKASHI IZUHARA

Official site

PROFILE

泉原 隆志 (いずはらたかし)

東京で生まれる。桐朋女子高校音楽科(共学)ヴァイオリン科首席で卒業。桐朋学園大学ソリストディプロマコース修了、ディプロム取得。 その後、ブリュッセル王立音楽院に留学。 ロームミュージックファンデーション、文化庁芸術家在外研修員として更に研鑽を重ね、ハンブルグ国立音楽大学大学院を首席で卒業しディプロム取得。 これまでにアンナ・ペレック、原田幸一郎、イゴール・オイストラフ、ピョートル・モンティアヌの各氏に師事。 桐朋学園在学中に公開マスタークラスや各地の音楽祭でイゴール・オジム、オーギュスタン・デュメイ、シュロモ・ミンツ、ドロシー・ディレイ、ヴィクトル・トレチャコフ各氏などの指導を仰ぐ。

13歳で初ソロリサイタルを行い、その後各地で精力的にソロリサイタルを開催。ブリュッセル王立音楽院大ホールにて「プロコフィエフのソナタの夕べ」リサイタル、その他ベルギー、フランス、スイス、イタリア、ドイツ、イスラエル、オランダ、スペインでの数々のコンサートに出演。 近年はフランス人ピアニストのジュリアン・カンタンと共演し、フランス音楽を中心に幅広いレパートリーを展開している。

京都市交響楽団のメンバーを中心とした「メリメロアンサンブル」を結成し、定期的に演奏活動を行う。法然院「室内楽の夕べ」シリーズや、アンサンブル・ベガにゲスト出演、室内楽セミナー「秋吉台の響き」の講師を務めるなど、室内楽奏者としても注目を浴びている。

東京交響楽団、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、仙台フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、岡山フィルハーモニック交響楽団など主要オーケストラの客演コンサートマスター、サイトウ・キネン・オーケストラのメンバーを務める。
現在は京都市交響楽団のコンサートマスター、 京都市立芸術大学非常勤講師。
2012年京都市芸術新人賞を受賞。2019年京都府文化賞奨励賞を受賞。

SCHEDULE

CONTACT US

*:必須項目
2020.3.23

公演中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記公演が中止となりました。

  • 3/28(土):第643回定期演奏会
  • 3/29(日):第643回定期演奏会
  • 4/01(日):ROHM WELCOME CONCERT
  • 4/18(土):ローム ミュージック フェスティバル
  • 4/19(日):ローム ミュージック フェスティバル

  • 詳細はスケジュールをご参照ください。